卵殻膜とは

ビューティーオープナーオイルに含まれている卵殻膜は卵の内側についている膜のようなもの。この膜には18種類のアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸などが含まれていて、この自然なままのバランス配合で人の髪や肌の成分比率に近いタンパク質として高い親和性を期待することができます。

卵殻膜には肌に効果的な成分、働きがありますがその一つがⅢ型コラーゲンと呼ばれるもの。Ⅲ型コラーゲンは食品からは摂取できずとても貴重なものなのです。また、人の肌に近い成分公正なので肌なじみがよくみずみずしく肌へのハリ・ツヤを与えてくれます。お肌にはしっかりと潤いを与えて透明感の あるクリアな透明肌へ。キュッと肌を引き締めキメを整えることで健康的な肌へと導いていってくれます。

卵殻膜に含まれる18種類のアミノ酸は以下の通り。


リジン・トリプトファン
ヒスチジン・メチオニン
バリン・アスパラギン酸
イソロイシン・ロイシン
スレオニン・アルギニン
グリシン・プロリン
シスチン・アラニン
セリン・グルタミン酸
チロシン・フェニルアラニン


これらのアミノ酸に加えてコラーゲン、ヒアルロン酸の働きもあり、お肌へダイレクトに浸透して肌の悩みに素早く対応することができます。

Ⅲ型コラーゲン

Ⅲ型コラーゲンは若い肌、特に赤ちゃんの肌の中に多く含まれているコラーゲン。Ⅲ型コラーゲンは歳を経ていくとともに少なくなっていきますので他のところから取り入れていく必要があります。ですがⅢ型コラーゲンは食事やサプリメントから摂り込むことは難しく、Ⅲ型コラーゲンの摂取は難しいとされていました。そこで今注目されているのが卵殻膜なのです。

卵殻膜にはⅢ型コラーゲンが多く含まれていて、その濃厚な卵殻膜エキスを94%も含んでいる美容液がビューティーオープナーオイルなのです。卵殻膜エキス配合のビューティーオープナーオイルを洗顔直後に素肌に付けることで次の美容成分の浸透を助けてくれます。ビューティーオープナーオイルには卵殻膜エキスはもちろんのこと、ヒアルロン酸Naやスクワラン、カンゾウ根エキスのような保湿成分も含まれているのでお肌をしっとりとさせてくれます。

ビューティーオープナーオイルは毛穴を気にする方にも最適です。卵殻膜美容液には素肌に弾力をもたらす働きもあり、角層を潤わせて弾力を取り戻して毛穴の目立ちにくい肌にしてくれることでしょう。

肌が潤いで満たされると透明感もでてきます。保湿成分を多く含む食品にはかつお節やきな粉などがありますが、卵殻膜にはそれら食品の何倍もの量の保湿成分があることが分かっています。この保湿効果の高さをぜひビューティーオープナーオイルで試してみてください。